ガチャピンもムックも青い!

UQWiMAXと聞いて真っ先に思い出されるのは、おそらく「青いガチャピンとムック」でしょう。

最新版のCMは、ガチャピンがお母さんでムックがお父さん、そして子どもが美人三姉妹という突っ込みどころ満載のCMなのですが、そもそもなぜUQWiMAXのCMにガチャピン・ムックが起用されたのでしょう?そして、なぜ青いのでしょう?

実は、CMなどで起用されている青いガチャピンとムックは、往年の子ども向け番組「ひらけ!ポンキッキ」で活躍していたガチャピン・ムックとは「全く違う生命体」なのです。

彼らの名前はガチャピンっぽいのが「ブルーガチャ」そしてムックっぽいのが「ブルームク」です。ブループラネットと呼ばれる、地球とよく似ている青い惑星から不思議な青い光に包まれて地球のネットワークの世界に迷い込み、インターネット上でのストレスに悩まされる地球人を救うため「WiMAXの使者」として、便利なブロードバンドライフをPRしているのだそうです。

そしてガチャピンが桃色!

ガチャピンが緑から青色にイメージチェンジしただけでもビックリですが、先ほども紹介した最新版のCMでは、ピンク色に染まっています。ですが、これにも深い理由があるのです。

ピンクバージョンのガチャピンの正体は、ガチャピンではなく、実はブルーガチャなのです。

ブルームクと一緒にWiMAXのネットワーク回線を移動していた最中、ブルーガチャはあまりの回線の早さに耐えきれなくなってしまい、遂には乗物から落ちてしまいました。

そして、落ちた先でブルーガチャはUQ mobileと出会いました。UQ mobileとは、KDDIグループのUQコミュニケーションズが提供している格安スマホ・SIMサービスのことです。

このUQ mobileとの運命的な出会いにブルーガチャは胸をときめかせてしまい、青色からピンク色へと突然変異してしまったのだそうです。

色々なものが桁違いの速さでネットにつながるモバイルルーター「WiMAX 2+」は「ブループラネット」でも話題に。

これからも「ブルーガチャムク」が、インターネットのストレスに悩まされている地球の皆様へ、UQ WiMAXの世界をご紹介してゆくのでしょう。今後の展開が楽しみです。



TOP PAGE