iTunes Storeで、映画をレンタル

DVDをレンタルビデオ店で借りるのは、おっくうですし返却が遅れた時に延滞金がかかるのが嫌ですね。

せっかくWiMAXを使うのならば、AppleのiTunes Storeでレンタルしませんか。

でも、WiMAXで大丈夫なのか心配ですね。

iTunes Storeでレンタルすると映画のデータの量は、大体3.5GB〜4.5GB位あります。

WiMAXは3日で3GBを超えると、通信速度が翌日の昼からその次の日の昼まで遅くなります。

しかし、速度制限を受けた状態で計ってみると、遅くなっても大体3Mbps程度の速度はでています。

実際に借りてみましょう。

上記の事をふまえて、検証していきます。

使用する端末は、HUAWEI(ファーウェイ)のW02。東京都の室内でクレードルを使用して、パソコンにダウンロードしてみます。通信速度は、実測下りで27.8Mbps〜39.5Mbpは出ています。

画質はあえてHDとSDのうち、高画質のHDを選びました。HDはHigh Definition Video(高精細度ビデオ)の略称で、ハイビジョンと呼ばれています。720pとも言い、ブルーレイよりは画質が少し落ちます。

SDはStandard Definition(標準解像度)の略称で、DVDの画質で、480pとも言います。

レンタルしたのは、映画「デットプール」のHD画質で、データ通信量は3.83GBです。レンタルすると40分ほどでダウンロード出来ました。

今回は3GB以上のダウンロードをしたので、翌日には速度制限がかかりました。翌日に通信速度は速度制限を受け、下り3.8Mbpsまで落ちました。

試しに、速度制限がかかった状態でレンタルしてみます。前回と同じ位のデータ通信量の映画「エクスマキナ」HD画質をダウンロードしてみます。ちなみにデータ通信量は、3.87GBで「デットプール」とほぼ同じぐらいです。

ダウンロードをしだして表示された時間は、なんと3時間。実際は2時間25分でした。

速度制限を受けていない状態で、40分でダウンロードできたことと比較すると大きな差です。

個人的に速度制限時には、全く利用できないとは思いません。しかし、使い方は考えた方がいいと思いました。

何本も借りるには、3GBの規制がかかる前にまとめてダウンロードした方が良いのかもしれません。

Appleの推奨では、720p(HD)のコンテンツは6Mbps以上。480p(SD)のコンテンツは2.5Mbps以上。1080pのコンテンツは8Mbps以上の連続通信速度を進めています。

低速化。

どのポケットWi-Fiにも通信量規制による低速化があり、おおむね128kbpsまで低速化します。

これでは、明らかに映画の視聴は、無理ですね。

WiMAXは、3日で3GBの通信量規制による速度制限は、おおむね3Mbpsです。

それからWiMAXの通常のプランでは月額の通信量は7GBです。

7GBを超えるとそれ以降は128kbpsまで低速化します。

映画を見るならば、少なくとも月額通信量が無制限のギガ放題プランに加入をお勧めします。



TOP PAGE